目元は顔の印象を決める|ライン留めによる方法は仕上がりが自然|二重整形で印象が変わる

ライン留めによる方法は仕上がりが自然|二重整形で印象が変わる

女性

目元は顔の印象を決める

婦人

目の上の皮膚がたるむ理由

目は顔の印象に大きく影響を与えます。目元の皮膚がたるむと老けて見えるため、気にする人は多いようです。目の上の皮膚がたるむと、まぶたがはれぼったく見える、二重のラインが見えづらくなるなどの状態になります。また、目が小さく見える、老けて見えるなど悩みの原因にもなります。なぜ目の上の皮膚はたるんでしまうのでしょうか。加齢や紫外線によるダメージによって皮膚の水分量を保つためのヒアルロン酸やコラーゲンなどの成分が減少してしまいます。その結果、肌のハリが失われ皮膚がたるんでしまうのです。ほかにもパソコンなどにより目を酷使している人や、花粉症などによりよく目をこすってしまう人も、皮膚がたるみやすいと言われています。

どうすればよいか

そのような人にお勧めなのが、眉下切開による治療です。眉下切開による治療をすると、上まぶたのたるみがなくなり、二重のラインがくっきりするなどのメリットがあります。方法としては眉下のラインに沿って皮膚を切開し、たるんでいる皮膚を切除します。跡が残りにくいと言われており、また眉下にそって切開するためメイクによって隠しやすいと言われています。眉下切開による治療は施術時間も比較的短く、効果も半永久的に持ちデメリットもほとんどないため人気があります。気になる人は眉下切開の治療をしている病院を探してみましょう。トラブルにならないためにも、しっかり治療内容を聞き、分からないところや不安な点はすべて確認するようにすると良いでしょう。